philippnes pagtira talarawan(フィリピン滞在日記)

AKOがPHILIPPINESに滞在した時の事を赤裸々に・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田航空事故

報告が遅くなりました!!

成田航空事故1


大きな衝突音とほぼ同時に、一面に立ち込める白い煙-。
フェデックス機が着陸に失敗し、炎上する事故が
起きた成田空港で23日、空港従業員らは当時の
模様を生々しく証言した。

成田航空事故2


現場が真正面に見える第1旅客ターミナルビルの
飲食店で働く従業員(53)は、午前7時半からの
開店準備中だった。「ドーン」という大きな音がしたため、
滑走路を見ると既に一面に白い煙が立ち込めていた。

「機体が煙で見えなかったので、最初は火災かと思った」と話す。


 消防署は現場近くにあり、間もなく消防車、救急車40台
以上が駆け付け消火活動を開始。成田空港は当時、強風
だったが、煙の勢いが激しく機体が見えないほどだった。

出勤直後の喫茶店店員(22)は「お客さんから『燃えているよ』と
言われ、見たら白い煙が出ていた。最初は訓練かと思ったが、
黒い煙に変わると炎が見えた」と話した。同僚店員(26)も
「赤とオレンジ色の炎がすごかった」と驚いていた。

2人は「とにかくびっくり。こんなことは初めて。空港職員や
警備員がみんな、窓に張り付いて現場の様子を見ていた」という。

別のレストランで働く石田由紀子さん(60)はレジで作業中、
「ドーン」という音の直後に縦揺れを感じた。「地震か」と思ったが、
滑走路を見ると黒煙が立ち込めていた。「火よりも煙がすごかった。

最初はテロかと思いました」と驚いた様子でした。


最近・・・飛行機の事故・・・多く無いですか??
スポンサーサイト

1ヵ月後・・・

最終結果ですね!!でも・・・なんで・・・数ヶ月も前から解っていたのに・・・

不法入国で国外退去を命じられ、家族3人での在留特別許可を求めていた
フィリピン人のカルデロン・アランさん(36)=埼玉県蕨市=の一家は13日、
東京入国管理局と協議し、中学1年の長女のり子さん(13)を日本に残し、
アランさんと妻サラさん(38)は4月13日に帰国することを決めた。9日から
入管に収容されていたアランさんは仮放免されたが、1カ月後には親子が
離れ離れとなる結末に、会見した一家の表情は沈んだままだった。

 
のり子さんの2年生の始業式が4月8日にあり、夫妻は式を見届けて
帰国する。のり子さんの養育のため、サラさんの妹(30)夫妻が東京
都内から蕨市に引っ越すという。妹は日本人と結婚し、定住資格を
得ている。

 
一家は13日夕、東京都内で記者会見した。のり子さんは「両親と
離れたことがないので、不安でいっぱい。3人でいられないので、
うれしい気持ちではないです」と話した。日本に残ることを希望した
理由は「将来のために勉強を続けるのは日本でしかできない。
今まで頑張ってきたことをつぶしたくなかった」と説明した。

 
アランさんは「家族を応援してくれて本当にありがとうございます。
またいつか日本で生活したい」。サラさんは黙って一礼した。

 
夫妻は92、93年に不法入国。06年にサラさんが出入国管理法
違反(不法残留)容疑で逮捕され、一家は退去強制命令を受けた。
命令取り消しを求める訴訟を起こしたが、最高裁で敗訴が確定。
夫妻は不法入国したことを反省しながらも、日本語しか話せない
のり子さんの将来のために家族全員の在留特別許可を求めてきた。

 
入管は「両親が自主的に帰国の意思を表明しないかぎり、長女の
在留特別許可は出せない」とし、13日までに一家3人で帰国するか、
のり子さんの在留を求めるかを表明しなければ、サラさんとのり子
さんも17日に送還すると通告していた。

 
一家は代理人の弁護士を交えて話し合ったが、帰国を決意できなかった。


13日は入管と約5時間にわたり協議した末、夫妻は「娘の将来のため」と
帰国を決めたという。


森英介法相は「長女の希望を最大限考慮して総合的に判断した。
長女が今後、近親や周囲の方々に温かく静かに見守られ、安定した
生活を送ることを期待している」とのコメントを出した。


やっと・・・終わった感じがしますが・・・実際・・・その子も帰れば良いと

心から・・・思います!!(苦笑

ま~~この事で・・・相変わらず騒いでる人達がいますが・・・もう良いだろ!!

結果は・・・

さて・・・早速・・・記事を寄せ集めたので・・・読んで下さい!!

退去強制命令を受け、在留特別許可を求めているフィリピン人、
カルデロン・アランさん(36)と妻サラさん(38)=埼玉県蕨市=
が9日午前、東京入国管理局に出頭した。夫妻には中学1年の
一人娘、ノリコさん(13)がおり、「娘は日本で生まれ、日本での
生活を望んでいる。一人で残せない」として、一家3人の在留特別
許可を求めたが、弁護士によると、入管はアランさんを収容、
サラさんとノリコさんは16日まで仮放免を延長したという。

 
この日は、入管が認めた10日間の仮放免延長の期限で、入管は
「出頭までに帰国日程を決めなければ強制収容する」と通告していた。

 
森英介法相は6日の閣議後会見で、ノリコさんには埼玉や東京に
叔父や叔母ら親せき3人がいることを挙げ、「養育環境が整えられる
なら子供は在留特別許可で日本に残ってもらって構わない。
家族を引き離すつもりは全然ない」と話した。ノリコさんが残る場合は
「本来は5年間再入国できないが、両親には子供に会うため1年を
待たず上陸特別許可を出してもよい」ともしている。

 
両親は92、93年に不法入国。06年にサラさんが出入国管理法違反
(不法残留)容疑で逮捕され、一家は退去強制命令を受けた。命令
取り消しを求める訴訟は最高裁で敗訴が確定している。


アランさんは同日午前9時前「のり子の将来のため、3人で日本に
残りたいと伝えます」と話し、サラさんと2人で東京入管に入った。

 
父母は、家族全員の在留特別許可をあらためて求める一方、
のり子さんに勉強を続けさせるため、1人だけ日本に残す選択も
視野に協議を続けていたとみられる。


サラさんは平成4年、アランさんは5年に、それぞれ他人名義の
パスポートで入国。のり子さんは7年に日本で生まれた。18年に
不法滞在が発覚し、強制退去処分を受け、処分取り消しを求めた
訴訟も昨年9月に敗訴が確定した。



2つの記事を合体させたので・・・2回同じ事を書いてありますが

ご了承下さい!!さて・・・AKOの意見なんですが・・・一言・・・

『sila ulo !! para tanga !! gagu !! talaga !!』(ん~~一言じゃない??)

いや~~日本らしいっと言えば・・・そうなんですが・・・記事の中に

書いてあるでしょ!!

『他人名義のパスポート』 

日本に居ない人なんですよ!!日本に住んでて良い訳ないじゃん!!(爆

どこまで・・・この両親は・・・眠たい事良い続けるのだろうか??

森法相の異例の特別処置に対して・・・何処まで・・・やれば気が

住むのか・・・いい加減にして欲しい!!(気分が悪い!!)

今の日本なら・・・ごねれば・・・不法滞在者・不法入国者が残れる

様な気さえ・・・して来ました!!やっぱり・・・この中学生も日本人じゃ~

無いのだから・・・特別な待遇を与える事が無駄だと思う!!

VISA切れで尚且つ・・・日本で出産してしまった皆さん!!今の内に

出頭しましょう!!(笑)・・・こいつらよりは・・・罪が軽いはずだから

運が良ければ・・・特別在留が出るかもしれませんよ!!(爆

今が・・・チャンスです!!(本当に・・・大概にして欲しい!!)

さて・・・明日

明日が・・・最終期限日です!!さて・・・どうなるかな??(苦笑

しかし・・・森法相が・・・眠たい事を行ってます!!

退去強制命令を受けながら日本での生活を求めている
フィリピン人の中学1年、カルデロン・ノリコさん(13)=
埼玉県蕨市=と両親の一家について、森英介法相は
6日の閣議後会見で、ノリコさんを日本に残して両親が
帰国した場合「子供に会うためなら、両親に再入国の
上陸特別許可を出してもよい」と述べた。退去強制を
受けた外国人は本来、帰国から5年間は再入国できない。

 
許可が出た場合、両親は短期間、滞在できる。森法相は
「今回の事例は、すぐ近場に子供の叔父さん叔母さんが
3人いる。養育環境を整えられるなら、子供に限っては、
在留特別許可で日本に残ってもらって構わない。家族を
引き離すつもりは、全然ない」と述べた。

 
一家が日本に残れる仮放免期限は9日で、東京入管は
それまでに帰国の方法を判断するよう求めている。



結果・・・ゴネ勝ちですね!!(苦笑


ま~~これで・・・帰るなら・・・取り合えず・・・納得出来るので
良いのですが帰る日にちを31日とかまで・・・延ばしたりして!!(爆

取り合えず・・・明日の結果を見てから・・・ですね!!

偽1万円

取り合えず・・・本文を読んで下さい!!

フィリピン・マニラの両替店に昨年12月以降、大規模な印刷施設でしか
作製できないとみられる精巧な偽造1万円札が持ち込まれていることが
毎日新聞の取材で明らかになった。日本の偽札鑑定の専門家は
「過去にない高精度の偽札」と指摘。日本の警察当局は情報収集を行う
とともに、国内に持ち込まれる可能性もあるとして警戒を強めている。

 
昨年末以降、マニラ首都圏の複数の両替店で見つかったのは、偽造を
防ぐため最新技術を駆使して04年から発行されている、「E1万円券」
の偽札。一見して本物と見分けがつかないが、偽札には表の右側の
太いカーブの部分にある細い線が印刷されていない。

 
また、見る角度で色や模様が変わるホログラムをなぞると、本物より
わずかに凹凸があるほか、透かしがわずかに薄いなどの特徴がある。

 
偽札が持ち込まれた両替店のうちの1店によると、昨年12月、初めて
若いフィリピン人女性が3枚の1万円札を持ち込んだ。このうち1枚を
偽札だと感じ「預かる」と告げると、女性は2万円分だけ両替して店を
出たという。フィリピン国家警察も偽札の一部を押収、関連情報を集め
ている。

 
偽札を日本に持ち込むと関税法違反などに問われるため、毎日新聞は
両替店で偽札を撮影し、画像を日本の鑑定の専門家2人に送り鑑定を
依頼した。その結果、▽カラーコピーやレーザープリンターでは再現
できない、マイクロ文字と呼ばれる肉眼では判別が難しい小さな文字が
すべて再現されている▽ホログラムを固定する特殊な透明シートが使用
されている--など、最新技術が模倣されていることが分かった。

 
鑑定を依頼した偽造通貨対策研究所(東京都中央区)の遠藤智彦所長
は「北朝鮮が関与していると言われる偽1万円札よりも数段精巧で、
商業印刷のレベルを超えている。知る限り最も高精度で秀逸な出来栄えで、
現金自動受払機(ATM)を通過する可能性もあり、日本円のスーパーノート
(北朝鮮が関与したとされる精巧な偽造米100ドル札)が出現したと
言わざるを得ない」と話している。


ん~~見てみたい!!絶対に・・・作れないって聞いてたのに・・・

やっぱり・・・作れるんだね~~!!(驚

おいおいおい・・・

来ましたよ~~!!寝ぼけたお話が!!(怒

国から強制退去を命じられているフィリピン人で埼玉県蕨市在住の
中学生、カルデロンのり子さん(13)と両親が一家そろっての在留を
求めている問題で、蕨市議会は三日、一家そろっての在留特別許可
を求める意見書を全会一致で可決しました。

 
のり子さん一家に対して東京入国管理局は二月十三日、三人
そろっての在留特別許可は認めず、のり子さん一人だけならば
認めることができるとの意向を伝達。一家そろって帰国するか、
のり子さん一人を日本に残して両親だけ帰国するかを選ぶよう
求めています。

 
意見書は議長を含む市議十八人全員が連名で提出。のり子さんは
日本で生まれ、日本の学校教育を受けてきており、母国の言葉が
話せないため、「(フィリピンに)帰国すれば、教育面や、人間として
成長途上にある十三歳の子どもの正常な発達の面からも、著しい
困難と障害を伴う」と指摘。一家そろっての在留特別許可を求める
署名が二月十三日現在で一万八千四百五人分集まっているとのべ、
「現在蕨市内で学ぶのり子さんの成長と学習を保障する見地からも、
カルデロンのり子さんと両親に在留特別許可を認めるよう求める」と
しています。


本文内の・・・『母国の言葉が話せないため』って・・・

おいおいおい・・・本当に・・・調べたのか??話せない訳無いだろう!!(怒
物理的に考えて・・・町に出て対外的に話すのは日本語だと思うが・・・
家の中では・・・常用語は・・・タガログ語か英語だぞ!!

仮に・・・タガログ語が解ら無いとしよ・・・それでも日本で英語の勉強を
してるんだろ!!それだけである程度フィリピンで通じるし・・・AKO達より
間違い無く・・・タガログ語が解るはずだぞ!!

もう一文・・・、「(フィリピンに)帰国すれば、教育面や、人間として
成長途上にある十三歳の子どもの正常な発達の面からも、著しい
困難と障害を伴う」っとあるが・・・

フィリピンっと言う国を批判・格下にみてるのでは・・・無いですか??
何故・・・帰国したら・・・そうなると思うのでしょうか??AKOは逆に
その歳だから・・・やり直せると考えれると思うのだが!!

確かに・・・フィリピンは・・・日本より問題はあると思う!!しかし・・・
この子は・・・既に13歳中1か中2だよね~!!って事はある程度
漢字は読める・・・ひらがな・カタカナも出来る!!さっき書いたが
間違い無く・・・タガログ語に関してもある程度の基本は出来てる
訳だから・・・ある程度の歳になれば・・・仕事はかなりある!!

そして・・・教育の面でも・・・そこまで・・・言葉の部分で心配で
あれば・・・特別に・・・日本人学校に入れてあげれば良いのでは??


ん~~何故・・・この家族に・・・温情をかけなければいけないのだろう??


忘れていないだろうか??最高裁での判断で・・・犯罪者っと言う結果が
出ているのだから・・・犯罪者だろ!!この子が可哀相だから・・・助けたい??
人道的に見て・・・助けたい??何を言ってるのですか??

埼玉県蕨市にも・・・同じ状態で暮らしてる外国人家族がいると思う!!!
その人達も全て同じ様に助けるのですか??それともこの家族だけ
見つかって捕まって可哀相だから・・・助けるの??それが人道的??
そう言った家族が居るなら・・・全てを助けろよ!!それなら解るが・・・
この家族だけ・・・救いの手を伸ばすのは間違ってると思う!!

矛盾が多すぎると思わないのかな~~??(怒

何故・・・この家族が無理難題を言いゴネているだけだって思わない??

書いていて・・・テンションが上がっている自分が居ます!!(苦笑
前にも書いたが・・・実際・・・最初はこの家族を応援したいと思って
いたが・・・今は・・・この13歳の子に対しても特別在留許可が
出る事すら・・・納得が行かなくなってます!!

ただ単に・・・往生際が悪いだけだと思う!!早く・・・帰れ!!(怒

さて・・・どうなる??

まずは・・・本文を読んで下さい!!(朗報????)

フィリピン・飛行機

セブパシフィック航空(フィリピン)、ビバ・マカオ、香港エクスプレス航空の
3社が茨城空港への乗り入れに強い関心を示し、県と就航交渉をしている
ことが2日、わかった。格安航空大手のエア・アジアX(マレーシア)も路線
開設に前向きな姿勢を示しており、国内線誘致が難航する中、アジアの
格安航空会社を中心に路線拡大を目指す県の戦略が鮮明となってきた。

 
2日の県議会代表質問の答弁で、橋本知事も「(就航が決まった)アシアナ
航空やエア・アジアX以外にも、茨城空港に関心を示している航空会社が
あり、特に高い関心を示しているフィリピンや香港、マカオなどの航空会社に
対し、就航への働きかけを行っている」と述べた。

 
交渉中であることが新たに明らかになった3社は、既に日本への乗り入れを
実現させているが、首都圏への定期便が確保できていないのが共通点。
県空港対策課によると、ビバ・マカオが成田空港にチャーター便で乗り入れて
いるほか、セブパシフィックや香港エクスプレスは関西空港などの便を
持つが、成田、羽田両空港への定期便の運航実績はないという。

 
セブパシフィックと、ビバ・マカオは格安航空会社。香港エクスプレスは、
格安航空会社という位置づけではないものの、ほかの2社と同様、大手に
続く第2、第3の航空会社として、日本の首都圏空港への進出を狙っている。

 
茨城空港が開港する2010年には、成田、羽田両空港の発着枠が拡大する
予定だが、3社とも両空港の定期便を確保するのは難しいとみられている。

 
マカオ便は、日本からの観光客利用が期待できるほか、フィリピン、香港便は
観光、ビジネス両方の需要が見込める。ただ、「アジア各国とも通貨が落ち
込んでおり、交渉がすんなり行くとは限らない」と、世界的な景気悪化を懸念
する声も関係者からは出ている。県空港対策課も「先行して交渉を続けてきた
エア・アジアXと比べると、交渉は初期の段階」としており、今後は、搭乗率
保証などを含め、効果的な誘致策を具体的に検討していく方針だ。


さて・・・どうなるんでしょうかね~~???

でも・・・関東・東北・北海道・信州の人達は・・・恩恵をうけれそうですね!!

愛知にも・・・そんな安い航空会社・・・入らないかな~!!

小牧空港でも良いから・・・入らないかな~~~っとアマイ考えを!!(プ

他にネタが無いから・・・

引き続き・・・会見の後に数人の一般人や団体の人・入管所長などから

コメントが出た記事を見つけたので・・・うpしますね!!(笑

蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)夫妻は27日、
東京入国管理局に出頭し、「3月9日までに家族全員か、娘を
残し帰国するか決めなければ強制収容する」と通告された。
都内で記者会見し、「3人で日本にいたい気持ちは変わらない」
と改めて訴えた。地元蕨市では「一家での滞在を認めてあげれば」
と同情する声が聞かれた。

厳しい表情で会見に臨んだアランさん。「残念です」と声を絞り出した。
妻サラさん(38)は終始うつむいていた。

一方、森英介法相は閣議後会見で、両親との日本での生活を熱望する
長女ノリコさん(13)について「(日本にいる)親せきらの元で学業を
続けるなら、在留特別許可を出す」と語った。国連人権理事会から
一連の経緯について政府に照会がされており、「関係省庁間で対応を
協議する」と述べた。

一家が在留特別許可を求めて署名集めをしてきたJR蕨駅前では、
同情と困惑の声が交じった。11歳の娘がいる自営業の男性(50)は
「子供がいるんだから日本に置いてあげたらいい」。アルバイトの女性
(30)も「不法入国は悪いけれど、長くいたんだからもう在留を認めても
いいのでは」。別の会社員の男性(42)は「法的には帰るべきだけど、
感情的には気の毒」と話した。

外国人問題に詳しい団体や入管行政の専門家に意見を聞いた。

在日フィリピン人を支援する蕨市のNGO「KAFIN」の太田直子さん
(44)は「両親に過失はあるが、強制退去は人道的におかしい。
在留を認める代わりに地域貢献を義務付けるような対応があっても
いいのでは」。不法滞在者の子供の日本国籍取得を支援する
ふじみ野市のNPO法人「ふじみの国際交流センター」の石井ナナヱ
理事長(61)は、不法滞在で逮捕された人やその家族が強制退去
させられる例を数多く見た経験から、「正規に入国して定住すれば
社会保障も受けられる。ノリコさんには試練だが、両親は一度帰国し、
再入国した方が彼女の将来のためにもなる」と話す。

元東京入国管理局長で外国人政策研究所(東京)の坂中英徳所長は、
一家に在留特別許可が出ない理由について、「一家に在留特別許可を
与えなかった法務省の裁決を適法とする判決が、08年9月に最高裁で
確定している。行政は司法の判断に従わざるを得ないからでは」と解説する。

強制退去で帰国すると、法律で5年間再入国できない。だが、坂中所長に
よると、人道上の観点から大臣が特別に許可し、1年ほどで再入国できる
こともあるという。



それぞれの意見を読み・・・ま~~妥当な解答だな~っと!!

最終的には・・・どんな結論を出しても・・ここまで騒いでしまうと
これが正しいって全ての人が言える内容にはならないから!!(苦笑

でも・・・、「正規に入国して定住すれば 社会保障も受けられる。
ノリコさんには試練だが、両親は一度帰国し、 再入国した方が
彼女の将来のためにもなる」・・・が一番正しいと思います!!

その為に・・・娘さんの国籍ないしVISAを特別に許可してもらう
努力する事にした方が良いと・・・!!それだけでも・・・特別なんだから!!

最後に書いている・・・強制退去で帰国すると、法律で5年間再入国できない。
だが、坂中所長に よると、人道上の観点から大臣が特別に許可し、
1年ほどで再入国できる こともあるという。

これに・・・この家族は当てはまらないですよね!!(苦笑

間違い無く・・・この両親は・・・法律違反をして子供を盾にごねているだけだから!!

この両親が・・・1年で日本に帰ってこれる事があったら・・・全ての
フィリピン人や他の外国人で強制送還されている連中・・・全員・・・
1年で帰ってこれるでしょ~!!(刑事事件等を越してる奴等は違うけど!!)

忘れては困るのは・・・この中学生は・・・日本人でも無ければ・・・
日本に居ても良いVISAを持ってるわけでも無いのだから!!

あくまでも・・・沢山の署名や報道が騒いだ事によって特別に・・・
対応してもらっているだけなのだから・・・!!

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。