philippnes pagtira talarawan(フィリピン滞在日記)

AKOがPHILIPPINESに滞在した時の事を赤裸々に・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間が無いから・・・

今日は・・・時間がないので・・・新型と鳥インフルエンザネタを!!

先ずは・・・

最近の流行状況

2003年11月以来、東南アジア、中央アジア、欧州などの広い地域におい
て高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が発生しています。現在も引き続
き、世界各地でトリからトリへの感染やトリからヒトへの感染が確認され
ていますので、御注意ください。最近の感染状況は以下のとおりです。

(1)ヒトへのH5N1型鳥インフルエンザ感染状況
   
2009年4月3日以降、世界保健機関(WHO)は、エジプト(ブハイラ県、
カルユービーヤ県、カフル・エル・シェイク県、カイロ県、ソハーグ
県、ガルビーア県、シャルキーヤ県及びダカリーヤ県)において17人が
感染(うち4人死亡)、ベトナム(ドンタップ省及びタインホア省)に
おいて2人が感染(うち2人死亡)したことが確認された旨発表しました。

  
2003年以降でヒトへの感染が確認されている国は、以下のとおりです。
(2009年6月1日現在:出典 WHO)
   
インドネシア 感染者数 141人(うち、115人死亡) ベトナム 感染者数 
111人(うち、 56人死亡) エジプト 感染者数  77人(うち、 27人死亡)
中国 感染者数  38人(うち、 25人死亡) タイ 感染者数  25人(うち、
17人死亡) トルコ 感染者数  12人(うち、 4人死亡) カンボジア 感染
者数  8人(うち、 7人死亡) アゼルバイジャン 感染者数  8人(うち、
5人死亡) イラク 感染者数  3人(うち、 2人死亡) パキスタン 感染
者数  3人(うち、 1人死亡) ラオス 感染者数  2人(うち、 2人死亡)
ナイジェリア 感染者数  1人(うち、 1人死亡) バングラデシュ 感染
者数  1人(うち、 0人死亡) ミャンマー 感染者数  1人(うち、 0人死亡)
ジブチ 感染者数  1人(うち、 0人死亡) 計15か国 感染者数 432人
(うち、 262人死亡)

次に・・・新型インフルエンザの報告です!!

6月4日午前11時現在、WHOにより感染が確認されている国・地域(65か
国・1地域〔日本を除く。〕、※は今回追加した国):

アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、バハマ、バーレーン、ベルギー、
ボリビア、ブラジル、カナダ、チリ、中国(含む香港)、コロンビア、コスタリカ、
キューバ、キプロス、チェコ、デンマーク、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサ
ルバドル、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、グアテマラ、
ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、イスラエル、
イタリア、ジャマイカ、韓国、クウェート、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュ
ージーランド、ノルウェー、パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、
ポルトガル、ルーマニア、ロシア、シンガポール、スロバキア、スペイン、
スウェーデン、スイス、タイ、トルコ、英国、米国、ウルグアイ、ベネズエラ、
ベトナム、台湾、※ブルガリア、※エジプト、※レバノン、※ニカラグア

独自に感染確認を公表している国(3か国、※は今回追加した国):

アラブ首長国連邦、ルクセンブルク、※サウジアラビア

今後感染が確認される国が増える可能性がありますので、最新情報の
入手に努め、新たな感染国となった国への渡航についても、同様に十分
注意願います。

全世界で・・・総感染者数2万人を超えるそうです!!



鳥インフルエンザって毒性が・・・強いんですね!!新型インフルエンザが

鳥インフルエンザ見たいに毒性が強くなくて良かった!!
スポンサーサイト

コメント

鳥ね

鳥ってかなりの死者が出てるんですね。

本当に新型の毒性が強くなくて良かった。

危うく渡比にも影響が出るところでした(苦笑)

ちうか…

両方ともインフルエンザネタって(苦笑)

本当だ!

鳥の方は致死率高いですねー!

おー恐!

鳥肌が立っちゃう(笑)

てにあんさん

いや~~AKOも見て・・・ビックリしました!!

かなり危険みたいです!!

クヤ

あっちも・・・書いた事・・・忘れてました!!(苦笑

ピロピロさん

鳥肌!!(笑

さぶ疣!!(プ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。