FC2ブログ

philippnes pagtira talarawan(フィリピン滞在日記)

AKOがPHILIPPINESに滞在した時の事を赤裸々に・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて・・・どうなる??

フィリピンでは・・・現在・・・外国人が土地を買う事が出来ません!!

そこで・・・法改正して・・・外国人が土地を買える様になるかも??


フィリピン産業連盟(FPI)は、土地所有を外国人に開放する動きについて、
フィリピン国内の不動産価格の急騰につながる可能性があるため未然に
防ぐべきだと主張している。

 
同連盟のヘスス・アランザ会長は、4月に発表した声明の中で「外国人に
よる土地の所有を認めても、海外からフィリピンへの直接投資が拡大する
とは限らない。中国やベトナムは、(外国人による)土地の所有を認めて
いないが、毎年巨額の直接投資を得ている。なぜなのか。こうした事例が
ある以上、フィリピン産業連盟としては外国人による土地の所有を認める
ことでより多くの直接投資を集めるという考え方は支持しない。そういった
方針は、間違った薬を処方することになる可能性がある」と語る。

土地所有を認めるなら条件付きで

アランザ会長は「全く規制を課さないまま、外国人によるフィリピン国内の
土地所有を許可すると、不動産価格が中産階級のフィリピン人にさえも
手の届かないレベルまで急騰する可能性もある」と続ける。

 
外国人による土地所有を支持する者たちは、「外国人が土地を取得しても、
フィリピンを離れる時にはその土地を持っていくことはできない(いずれに
せよ手放すことになる)」と主張するかもしれない。だが、こうした主張に
対してアランザ会長は「土地を買った外国人は帰国時、買った時の価格で
フィリピン人に土地を返すことはない。その土地を『ずっと高い値段』でリース
か売却するだろう」と指摘する。

では外資を取り込むために今、やるべきことは何か。

アランザ会長は「(フィリピンへの)投資を増やしたいのであれば、議員は、
外国人に土地所有を認めるよう憲法を改正するのではなく、フィリピンに
おける事業環境の改善に力を入れるべきだ。我々がなすべきは、ビジネス
展開をすれば利益が出るような状況を作ることだ。これには、政策の安定や
インフラの改善、低価格の電気料金、治安の確保など、政府が現在取り
組んでいる課題が含まれる」と語る。

万が一、外国人に土地所有を認めるとしても工場用地に限定すべきだと
アランザ会長は言う。

「外国人には、農園やショッピングモールなどの所有を認めるべきではない。
土地所有を工場用地に限定すれば、フィリピンの原材料生産者やメーカーを
保護するだけでなく、国民を地価高騰から守ることにもなる」。

 
ただし、アランザ会長はあくまで「外国人の土地所有を認めない方がフィリピン
国民のためになる」と考えている。


ん~~微妙だな~・・・!!昔・・・ハワイで同じ事があったみたいなんだけど

もともと・・・100万円位だった土地が・・・数千万まで跳ねたようだから・・・

良いにも悪いにも考えれるね!!(特に・・・中国・韓国・日本の投資家がね!!)

ある程度・・・条件を付けて欲しいな~!!配偶者がフィリピン人で購入者の

子供までが権利があってそれ以降は・・・フィリピン人じゃ~ないと引き継げ

ないとか・・・なんか条件つけて販売が妥当だな!!

取り合えず・・・売りにでたら・・・買いたいな~~~!!
スポンサーサイト

コメント

間違いなく

土地の値段が高騰しますね

お金さえあれば、フィリピン全土を買いたいぐらいです(笑)
MASAYAさんの言うように、フィリピン人と婚姻関係や少なくとも親戚関係しか買えないようにすれば、値段の上昇も緩やかにはなると思います

あと工場だけじゃなくて、逆に住居しか認めない方が影響も少なくて、しかも国内消費が上がるような気がします

まーこんなのも利権争いなんでしょうから、住居の為だけになんて事はありえないですけど(笑)

フィリピンの上流階級が儲かるか、話し自体が無くなるか、どっちかの選択でしかないんでしょうね

土地ですか

私は買う気ないんで、何とも言えないですね~。
ん~。どうなるか、今後に注目ですね。

ピロピロさん

>土地の値段が高騰しますね

でしょうね!!

後・・・色々・・・詐欺とかも出るでしょうね!!

今でも・・・フィリピン人同士でもあるみたいだから・・・(爆

イタイさん

今はね!!(笑

そのうち・・・移住って事も考える様になる鴨!!(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。