FC2ブログ

philippnes pagtira talarawan(フィリピン滞在日記)

AKOがPHILIPPINESに滞在した時の事を赤裸々に・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又・・・下がった!!

AKOも最近知ったのですが・・・アメリカにも日本にも・・・

人身売買に関する年次報告書って言うのがあるのですが・・・

2005年度には・・・フィリピンは監視対象国だったけど・・・2007年度には

監視対象国から外れたのですが・・・今年・・・また監視対象国に!!


米国務省はこのほど、「人身売買に関する年次報告書」の

2009年度版(米国以外の173カ国・地域対象)を公表した。

その中で同省は「フィリピン政府は、状況改善への努力が

みられるものの、特に比人海外就労者(OFW)に対する

強制労働などにおいて依然として加害者の訴追、有罪判決

という進展がみられない」とし、08年までの「第2類」から

一段格下げとなる「第2類監視対象国」に指定した。



去年までの数年間フィリピンは日本と同じランクにあったのですが・・・

残念ながら・・・下がってしまったって事は・・・この報告が引き金になって

OCWのVISAの発給の制限をしたりしたのですが・・・結果日本に対して

だけで・・・数年たったら・・・他の国に流れただけと言う結果だった見たいです!!

その時にOCWが入りにくくなった引き金になった本文の日本語訳です!!

スイス、スロベニア、キプロス、日本(これらの国に限られている
わけではない)など、この種のビザを大量に発給している国の政府は、
人身売買業者がこのメカニズムを頻繁に悪用していることを認識
しなくてはならない。例えば、日本が、2003年に5万5000件の
芸能ビザをフィリピンの女性に発給したことが報告されている。
これらの女性の多くが人身売買の犠牲になっていると思われる。
関係当局は、この種のビザの発給要件を精査し、繰り返し申請を
行う人や保証人になる人たちに対する特別な審査手続きを実施
すべきである。出国側では、女性を労働搾取や強制売春に誘い
込むために人身売買業者が用いる策略に関して、芸能ビザ申請者に
注意を呼びかけること目的とした啓蒙活動を行う必要がある。
スポンサーサイト

コメント

なるほど

これが原因で、タレントさんがいなくなったんですね。

私は、その頃Pパブに行ってなかったので・・・
可愛い娘たくさんの頃を知りません(悔)

ってことで、タレントさんがまた来てくれることを願っとります(笑

流石に

日本ですね。アメリカのレポートに対し、精査すること無く、単にビザ発給の縮小。まぁ鎖国日本ですから仕方無いか。

なににせよ…

MASAYAが国会に打って出ることを期待汁(苦笑)

てにあんさん

>私は、その頃Pパブに行ってなかったので・・・
>可愛い娘たくさんの頃を知りません(悔)

AKOも全盛時は・・・知りません!!

後1年で早く嵌ってたら・・・っと思ってます!!(笑

マラボンさん

そうですね!!(笑

残念ながら・・・日本に外交としての力は・・・ないですね!!(苦笑

クヤ

死んでも・・・有りません!!(爆

さーやん

これで また タレントが来てくれる
という 希望が 1ランク ダウン え~ん(泣

keiさん

お久し振りです!!

>これで また タレントが来てくれる
>という 希望が 1ランク ダウン え~ん(泣

意味が無かった・・・って再開しないかな~??(笑

しないか!!(爆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。