FC2ブログ

philippnes pagtira talarawan(フィリピン滞在日記)

AKOがPHILIPPINESに滞在した時の事を赤裸々に・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元大統領死去

月初めですが・・・訃報をお送り致します!!


10,000円が5,000ペソになっているのも・・・この人のおかげかな??

フィリピン・アキノ元大統領


結腸ガンで闘病中のフィリピンのコラソン・アキノ元大統領が1日早朝、

マニラ首都圏マカティ市の病院で死亡した。76歳だった。

「ピープルパワー」と呼ばれる民衆の力で86年2月、20年以上

続いたマルコス独裁政権を倒して大統領に就任。東南アジアに

初めて民主化をもたらし、ミャンマー(88年)や冷戦崩壊後の

東欧の民主化運動に影響を与えた。退任後も、常に民衆の側に

身を起き、反政府の運動に参加するなど「シンボル」的存在だった。

 
アキノ氏は昨年3月、結腸ガンで闘病中だと公表して以来、

入退院を繰り返していた。食欲がないとして、6月24日に入院、

集中治療室に入っていた。

 
裕福な政治家の家庭に生まれたアキノ氏は、54年にベニグノ・

アキノ元上院議員と結婚。反マルコスを掲げていた夫が83年8月、

亡命先の米国から帰国直後に空港で暗殺されて以降、普通の

主婦から、政治の場に担ぎ出された。

 
86年2月の大統領選ではカトリック司教協議会の支援を受けた

アキノ氏と、当時現職のマルコス氏が立候補し、選管と民間の

選挙監視団体が別々の結果を発表した。マルコス政権に反発した

国軍幹部が決起し、民衆も巻き込んだ「ピープルパワー」が起こり、

アキノ氏が第11代大統領に就任した。

 
6年間の在任期間中は、強固な政治基盤を持たなかったために、

政権内で求心力が低下。任期中に発生した7度のクーデターに

対応するうちに、軍の発言力が高まった。また、農地改革なども

十分に行われず、国民に不評を買った。

 
引退後は、政治の一線から身を引いていた。しかし、01年に当時の

エストラダ大統領を追放した「ピープルパワー2」や、最近では、

改憲を推し進めようとするアロヨ政権に反対する運動にも加わり、

一定の発言力を維持していた。



御冥福をお祈り申し上げます!!アーメン!!
スポンサーサイト

コメント

ご冥福を

お祈りいたします。

ナ~ム~

やっぱり…

このニュースだったかぁ(苦笑)

知らなかった

マッ、マジって感じです。
ご冥福をお祈りいたします。

イタイさん

同じくです

クヤ

読み通り??(笑

とぅとぅさん

そうなんですよ~

5000ペソ

一万円が5000ペソなのも、この方のおかげかな!ってことは、我々も恩恵を受けてたんですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

てにあんさん

>我々も恩恵を受けてたんですね。

そうなんですよ!!

本当のところ

まだフィリピンに興味がない時期だったので
詳しくはしりませんが…

名前だけは(苦笑

ご冥福をお祈りいたします

kuroさん

>名前だけは(苦笑

ま~~空港の名前にもありますから(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。